犬のイラストのゆるい書き方は?可愛いイヌの簡単な手書き方法

犬 イラスト ゆるい 書き方動物

犬は身近な生き物のひとつですよね。 ペットの代表格とも言われますし、干支の一員でもあります。 そのため、イラストとして描きたい人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな犬のイラストを描く方法について、分かりやすく説明しようと思います。 簡単なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

AD

犬のイラストのゆるい書き方

さっそく手順をご説明しますね。

 

1、まず、おにぎりの下半分のイメージで顔の線を描きます。 横に長めがおすすめです。

 

 

 

 

 


2、次に、コッペパンのイメージでハの字に耳を描きます。 耳同士を曲線でつなぎます。

 

 

 

 


3、またおにぎりの下半分のイメージで体を描き、アルファベットの「C」の形に尻尾を描きます。 尻尾の先は、とがっているほうが犬っぽいと思います。 振っている様子を表すマークがあると、生き生きした感じが出せます。

 

 

 

 

 


4、最後に、顔の中身を描いて完成です! 鼻を大きめに描いて、舌を出すと、さらに犬らしくなると思います。

犬のイラストを簡単に可愛く書いてみよう

色を塗ってみました。 かわいく描けているんじゃないでしょうか。

お好みの色を塗って楽しんでみてくださいね。

顔の表情も変えたりするとまた個性が出るかと思います。

まとめ

以上、犬のイラストを描く方法についてご紹介しました。

特徴をとらえると、少ない線でもそれらしく描けるんです。 慣れてきたら、耳や尻尾を変えたり、色を変えたり、工夫するのも楽しいです。

色々な犬種が描けると思いますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました